ZAMAとELRAD社が電子部品の合弁会社を設立

2021-03-22

ZAMA CORPORATION LTD,とELRAD International groupは、電気、電子部品を開発、製造する合弁契約に署名し、独占禁止法当局より承認された合弁会社を設立しました。合弁会社はZE Electronic Manufacturing Service Ltdとして運営されます。ZAMAは株式の51%を保有し、残りの49%はELRAD社が保有します。両社は、取引の金融細目を非開示とすることに同意しています。

 

近年の世界的な環境意識の高まりとともに、バッテリー駆動のOPE機器の需要は大幅に増加しています。ZAMAは世界中のお客様にダイヤフラムキャブレターや精密機械加工部品を提供し続けるほか、電子部品の開発・製造のノウハウも徐々に蓄積してきました。2013年にソレノイドバルブの量産を開始し、今年4月からはケーブルハーネスの量産も開始します。

 

ELRAD社は電子、電気機械部品製造の分野で豊富な経験を持ち、世界中のさまざまな分野の企業に製品とサービスを提供しています。両社は、お互いの専門知識と経験を活用し、より付加価値の高い電気、電子製品とサービスをご提供します。合弁会社は、2021年末にバタンガス州サントトーマスにあるZAMAのフィリピン生産拠点で操業を開始する予定です。合弁会社設立により中期的に、175以上の新規雇用の創出を見込みます。

 

ZAMA CORPORATION LTD,について

ZAMA CORPORATION LTD,は、STIHLグループの完全子会社であり、ダイヤフラムキャブレターを生産、販売する世界最大のメーカーです。生産及び開発の拠点を日本、香港、中国、フィリピン、米国に置いています。世界のOPEメーカーへキャブレター、オイルポンプ、その他の精密部品を供給しています。総勢2,400人以上の従業員を擁し、年間約350種類のキャブレター、600万個のオイルポンプ、高精度の機械加工部品を開発、製造しています。

 

ELRAD International groupについて

ELRAD International groupは、様々な業界に向け電子、電気機械部品の開発と製造を行うサプライヤーとして20年以上の経験を持ちます。またシステムサプライヤとして、顧客に代わり電子部品の開発プロセスも担っています。電気、電子部品の安定した生産を目標とし、操業に向けて準備を進めて参ります。ELRADは、世界のスロベニアをはじめとする4か所の拠点で1,800人以上を雇用しています。


Copyright © 2018 Zama. All rights reserved.